就活が忙しくバイトできないにも関わらず、落ち続けるストレスからクレカ地獄!今は正社員になり、徐々にリハビリしている話

就活が忙しくバイトできないにも関わらず、落ち続けるストレスからクレカ地獄!今は正社員になり、徐々にリハビリしている話

【性別】女性
【年齢】(金欠だった当時)
22歳
【職業】(金欠だった当時)
学生

【住まい】(金欠だった当時)
実家で親と同居





【金欠になった原因】
就活が忙しく、なかなかアルバイトに行けなかったため、金欠だった。
それにもかかわらず、就活で落ち続けるストレスで洋服や雑貨などいろいろなものをクレジットカードで良く買っていたため、常に金欠だった。
後は就活の成功するための本とかも良く買っていたと思うし、企業に行く交通費も結構消えていた。
また、就活を始める前に全然貯金をしていなかった。




【金欠当時の心境と自尊心】
使いたくないけど、ついつい使ってしまうのをやめられず、不安だった。
自分への自身はもちろんない。
就活に落ち続けていたことと相まって、死にたくてしょうがなかった。
さっさと就活を終らせてアルバイトをどんどんして遊びに行ける人がうらやましかった。
とにかく自信が無くて外に出るのも恥ずかしいくらいになってしまった。

【金欠当時の食生活】
どうにか食事に関しては、両親ともに働いていたので、困りませんでした。
有難いことでした。
特に飯代も家に入れるよう言われていなかったので、何も払ってはいませんでした。
学食で食べる用のお昼代なども、どうしても出せなかった時には貰っていたかと思います。
おそらく、少し外食を控える程度で、食事には困らなかったです。

【金欠当時の日常生活】
両親ともに働いていたので、特に日常生活で困ったことはありませんでした。
有難いことに電気もガスも携帯もつかえていたし、止められたものは何もありませんでした。
ただ、移動の交通費に関しては、全部10円玉で払うようなことも多かったです。
100円とか500円とか金額の多い小銭が財布に入っていないことも多々…。




【金欠当時の人間関係】
お金がないのに、就活でのストレス解消でクレジットカードの買い物がやめられず、自分のバイト代では払えないくらいの金額になることが多々あった。
親に誤って払ってもらったが、カードの支払期限を過ぎたことや、そもそも無責任に買い物をしていることですごく怒られて恥ずかしかったし申し訳なかった。
なんで自分は親孝行もできない人間なんだろうと自責の念に駆られた。




【金欠当時の仕事】
そもそも仕事はしていなかったが、就職先は見つからなかった。
お金がないので稼ごうとして、変な時間にバイトを入れて就活のことを優先できなかったり、就活がない日にバイトのシフトを出していなくて暇をしてたりなど、とにかくバイトがうまく入れられなかった。
就活とバイトの両立は学生にとってはかなり酷だと思う。
就活時にバイトをしなくていいように貯金をしていたという人の話を聞いて本当に落ち込んだ。
お金があるとつかってしまっていた自分を後悔した。




【相談と助けてくれた人】
一応親が生活する家を与えてくれ、光熱費も払ってくれ、食事代や大学の授業料も出してくれていたので本当にありがたかった。
仕事が見つからず、クレジットカードばかり使うダメな自分を怒りながらも見捨てなかったので本当に感謝している。
クレジットカード代を払えなかった時には援助してくれたのも、本当に助けられていた。




【現状】
今も金欠が続いており、生活に困っている

【転機ときっかけ】
今は一応仕事についている。
借金はないものの、貯金ができていない。
学生時代の金欠というほどではない。
ただ、今も実家暮らしで、急に一人暮らしをしろと言われればできないレベルの貯金額。
家にはお金は食事代程度は入れているものの、仕事のストレスからのクレジットカードでの買い物がやめられない。
クレジットでの買い物をやめればある程度たまってくると思う。




【現在の状況と心境】
当時と比べれば、得られる収入はもちろん変わった。
バイト代から、正社員の給与になったのだから。
ただ、それでも結局給料日前になると、小銭をかき集めて交通費をねん出しているし、昼ごはんを外食から、情けない冷食ばかりの手作り弁当を食べている状態だ。
安定した収入があるというのは気持ちの面でも多少安定はするものの、たくさんあるからと言ってほぼ全額雑貨や服に使ってしまうのがやめられず、貯金がなくて将来を悲観している。




【学んだこと】
とにかく、貯金は大事だと思った。
貯金がないとある程度の心の余裕が生まれないと思った。
後は派遣業のような日雇いの身分や、アルバイトのように来ないと給与に反映されない不安定な身分には二度と戻りたくないと思った。



【当時の自分へのアドバイス】
まずは就活をする際(転職にも当てはまる)、ある程度の資金を用意してからしないと、就活に本腰を入れられなくなってしまう。
貯金さえあれば短い期間であれば生活できるので!あとは、洋服もそこまで必要ないよと言いたい。
洋服をクレジットでたくさん買っても、痩せていないと着こなせないし、そんなに種類があっても結局活用できずゴミにしてしまった服もたくさんあるので…。