掛け持ちもできないバイト先で働いたことで、貯金が底をついた時代を過ごした。お金も大事だけど、周りの助けてくれる友達や家族も大切

掛け持ちもできないバイト先で働いたことで、貯金が底をついた時代を過ごした。お金も大事だけど、周りの助けてくれる友達や家族も大切

【性別】女性
【年齢】(金欠だった当時)
19歳
【職業】(金欠だった当時)
学生

【住まい】(金欠だった当時)
実家で親と同居





【金欠になった原因】
バイトもしていたが、月々の支払いするものが結構あり、すぐに貯金や月の給料は、底をついた状態でした。
学生というのもあり、友達と遊びたい!や、食事を楽しみたい!というのもあったが、お金が少ないので、遊ぶことも、食事する事もキツイ状況でした。
親にお金欲しい!なんて、言える事もなく、学生の時は、ランチタイムも150円の、ミニ弁当も購入することができなかった。




【金欠当時の心境と自尊心】
お金がなさすぎて、毎日が嫌になる時もありました。
自分だけお金がない。
自分一人だけ友達と楽しめない。
なぜ、私だけこんな苦しい思いをしないといけないの!など、お金で、こんなにも苦しくなるの?と感じたことは多々あります。
明日の弁当はどうしよう、お昼はどうしよう、など悩んでた時期は、苦しかったです。
家からご飯を詰めて持っていこうとしても、食材が無い場合がきつかったです。

【金欠当時の食生活】
友達の弁当が豪華な中、家からのおにぎり1つ具無しを持参したり、貯金が全くない時は、99円のカップラーメンを買ったりしました。
もっと大変な時は、安くで購入できる子ども用ラーメンのブタメン(15円)程の値段のラーメンを食べた事もあります。
食費を浮かすために、食べないと 選択をしたこともあります。
その時はキャンディでお腹を誤魔化していました。

【金欠当時の日常生活】
月々の携帯代の支払いが、毎月間に合わず、携帯が使えなくなることが多かったです。
学生時代なので、連絡したい人とも連絡がとれない、就職先に電話したくても、電話ができない時もありした。
日常生活でキツかったことは、同居してる親と意見が合わず、家を出てけ!と言われ、家出をした時、学校のトイレで歯ブラシや顔を洗ったことです。




【金欠当時の人間関係】
両親共々、厳しい人だったので、自分で何もかもやらないといけなかったのですが、大事な友達と遊びたくてもお金がないので、友達には、お金が無いから、お金が無い遊びをしよう!と伝えて、友達と、海でゆっくりお喋りしたりしました。
恋人には、バレンタインデーやクリスマスなどのプレゼントさえも渡す事もできませんでした。




【金欠当時の仕事】
バイト先の時給が低賃金だったのですが、一年働くと給料アップするとのことで条件に、サインしたのですが、一年過ぎても、なかなか給料がアップする事もなく、一年半以上が過ぎていました。
結局ずっと最低賃金だったのですが、どんだけ働いても月の収入は、少ないままで、出費に間に合わなかっです。
また、掛け持ちをすることができない会社だったので、苦労しました。




【相談と助けてくれた人】
友達や家族に相談はしていましたが、家族からは、貴方が決めた事でしょ!と言われ、どうにもなりませんでしたが、友達に相談したときに、とても優しい友達がいて、苦しんでいる時は、ずっと相談に乗ってくれました。
教科書が払えない時は、その友達が教科書代を貸してくれた事もありました。
美味しいの食べさせたいと、よくアイスクリームを奢ってくれました。




【現状】
今はなんとか金欠を脱して、生活に困るほどではない

【転機ときっかけ】
学校を卒業したと同時に、就職して給料をちゃんと稼げていることが。
金欠脱出に繋がりました。
金欠脱出した時は、心にも余裕ができるので。
おもいきって、好きな食べ物が食べれるし、好きなものがガッツリ買えることがなによりも幸せでした。
やっぱり、お金は大事だと思ったし、お金がないだけで、心も身体もおかしくなるのは、二度と嫌です。




【現在の状況と心境】
当時、金欠時代の私は、心にも余裕が無いので、人間関係はトラブルばかりで、ずっとお金のことを考えていたり、授業の内容が頭には入らなかったり、お金が無いってことだけで全ての人生に繋がってるんだ!と、勉強になり、なにより学びになりました。
当時はお金を持ってる友達や周りの人が羨ましくて、仕方がなかったです。




【学んだこと】
お金がないことで、自分自身を見失う場合もありました。
お金は大事ですが、お金と同時に周りの人間と関わること、自分を大切にしてくれている友達や家族をもっと大事にしよう!と思うきっかけにもなりました。
お金も人も大切と感じました。



【当時の自分へのアドバイス】
当時の自分に、アドバイスをするなら、まず、お金がないなら、他にできることはたくさんある。
例えば、家族や友達を大事にすること!お金が無いことで。
自分自身を失ってる人が周りも大切にすることができない!とアドバイスします。
当時の自分に言葉を伝えるなら、大丈夫!全てはうまくいく!と伝えます。
苦しい環境から抜け出すことができるのは、まずは自分を大切にすること!