好きな人に貢ぎ過ぎて、自分の生活が困難になった。思い切って転職、引っ越してこれからの運気を変え、人生を見つめ直す話

好きな人に貢ぎ過ぎて、自分の生活が困難になった。思い切って転職、引っ越してこれからの運気を変え、人生を見つめ直す話

【性別】女性
【年齢】(金欠だった当時)
29歳
【職業】(金欠だった当時)
会社員

【住まい】(金欠だった当時)
アパートで一人暮らし





【金欠になった原因】
好きだった人にお金を貢ぎ過ぎた。
どこで何をするにもお金を出してくれる人ではなかった。
返してくれる予定で何年も付き合っていたが、急に音信不通になり、ローンを自転車操業して給料が手元に残らないのが続く。
また安月給で、かつ車が無いと生活出来ない地方在住のため、車のローンも追加になり更に生活に苦しくなる。




【金欠当時の心境と自尊心】
将来がかなり不安。
このままローンを全て返せるのか、結婚するにしても貯金ゼロかつ、借金あるため婚約破棄などされるのではないかなど不安。
夜もあまり熟睡出来ずに、夜中に目が覚めて色々考えてしまう。
親や友達にも知られたくないため、相談出来る相手がいないのが結構苦痛。
何かを始めるにしても、まずは生活が出来るのか、ローン返していけるのかから計算しないといけないことが辛い。

【金欠当時の食生活】
お米はちょうど実家からもらっていたため、ご飯は炊けていた。
お茶漬けにしたり、安い日狙って卵を買ってチャーハンにしたりしていた。
もやしを買って炒め物やスープも作っていた。
お菓子やスイーツは割引シールの物を中心に買っていた。
会社には水筒持参。
お昼は無料の食堂あるため助かっていた。
食費は1万円以下で収めていた。

【金欠当時の日常生活】
携帯はまず格安スマホに変更。
よく通話の電波悪くなるが我慢。
お風呂は入らずシャワーのみ。
冬場は時々2.3日に1回のシャワーで済ますことがある。
電気やガスを止められたことはないが、支払いが滞ることがしょっちゅう。
何でも安い物を買うため、すぐに身体を壊すことが増えた気がする。
歯医者も通っていたが、生活費ないため途中断念していた。




【金欠当時の人間関係】
いつもお金がないと親や家族にボヤいていたのがとてめ辛い。
友達や彼氏ともたくさん遊びたいが、なかなか交際費を出す事が難しくモヤモヤしてしまう。
家族や友人のお祝い事も素直に喜べず、まずはお祝いのプレゼントなどどうやって買おうか、そもそもお祝いを渡す余力がなく親孝行や友達孝行が全く出来ない。
彼氏にも奮発してプレゼントあげたいがこれも出来ない。
会社の人とご飯に誘われてもいつも断るしか出来ない。




【金欠当時の仕事】
サービス業のためかなりの安月給。
新卒から3社目だったが手取りはほぼ変わらず昇給もなし。
かろうじてボーナスが出るのが唯一の救いだが、すぐにローンの返済でなくなる。
最近ではコロナ禍でボーナスはなし、給料も会社が国から給付金貰うがために減る時ある。
残業代もみなし残業がついてるため、ほぼ出ずアテに出来ない。




【相談と助けてくれた人】
正直に打ち明けた人は1人だけいた。
年上なため、人生相談によく乗ってもらっていた。
若いからこれからが挽回出来るなど言って貰えたのが嬉しかった。
人生の先輩でもあるため、こうしたらいいや、あれしてみたらなど提案してくれることも大変助かった。
色々な手続きの仕方も教えてくれて為になった。
普段は普通に接してくれ、気が詰まった時に相談に乗ってくれるため、そこが嬉しい。




【現状】
今も金欠が続いており、生活に困っている

【転機ときっかけ】
転職して給料をあげる。
生活環境を整える。
実際にこれから引っ越しと転職迎えます。
思考を変える。
お金の使い方を考え直す。
最近はSNSでふるさと納税や積立NISAなどのお得な情報を発信している方や、家計簿を発信している方の記事を見て自分もああいう人になりたいと思うようになった。
何もしないよりかは、まずは行動をしていきたい。




【現在の状況と心境】
以前は行動に写すことがとても面倒で苦痛だった。
また遊びに誘われても断ることが多かった。
今も現状は同じだが、思考が少しづつ変わり、まずは少しでも運気がいい方向に行くように転職と引っ越しをして環境を変えます。
お金の流れをこれからどうしていくか考える機会が増えた。
今までは漠然と過ごしていた。
物を持たないミニマリストになりたいとも思うようになった。




【学んだこと】
まずは借金はだめ。
ローンもだめ。
恋は盲目にならない。
給料が入った時点で先取り貯金をすることを恥ずかしながら最近知る事ができた。
高額で欲しい物は一旦立ち止まって考える。
長く使えそうか、コスパはいいのかなど。
人を簡単に信用してはいけない。
投資など難しいことも少し勉強することができた。
毎月の生活費を知る事ができた。



【当時の自分へのアドバイス】
人にお金を貸すことは言語道断。
貸すならきちんと契約書を交わすべき。
好きな人だからと言ってお金を貢がないと関係が続かない人は、そもそも好きではない人だと思う。
借金・ローンは悪(悪ではないという考えもありますが)。
貯金用の口座と生活費用の口座は分けるべき。
視野を広くして色々な事に興味を持てば、もっと早くお金の大事さを分かっていたかも