学生時代に遊びで金を借りるなら返せるあてがある分だけにしよう。返せないなら借りてはダメです。

学生時代に遊びで金を借りるなら返せるあてがある分だけにしよう。返せないなら借りてはダメです。

【性別】男性
【年齢】(金欠だった当時)
22歳
【職業】(金欠だった当時)
学生

【住まい】(金欠だった当時)
実家で親と同居





【金欠になった原因】
学生当時、飲み会などの誘いが多く、全て断らずに参加していたため、お金が足りない状況でした。
学生時代は、友達も多く、様々なところから誘われていたため、断りきれず、参加していました。
また友達の付き合いで、パチスロを打つこともあり、金欠に追い討ちをかけました。
飲み会に、誘われては借金を繰り返す毎日でした。




【金欠当時の心境と自尊心】
学生時代に遊ぶことは、今しか出来ないと捉え、借金してでも遊ぶぞーと覚悟を決めていました。
しかし、カードローンで、お金借りるたび、次第に返せなくなり、どんどん不安が高まっていきました。
しかし、いつか少額だから、返せるだろうとたかをくくってた部分もありました。
一万円を何回も借りる家にその金額は十万を、超えていました。

【金欠当時の食生活】
飲み会に参加していたため、食費で何とか浮かそうという考えはあまりありませんでしたが、昼御飯は節約出来たので、高いものは避け、学食のお蕎麦など、一番安いメニューで凌ぎました。
飲み会では、チェーン店を使い、高いお店はなるべく行かないなど工夫はしていました。
お金がなくなってからは、実家の御飯の食べるなどしていました。

【金欠当時の日常生活】
実家暮らしだったのもあり、ライフラインに影響があったということは、ありませんでした。
ただ、常にお金がないということで、心にゆとりがないのは、事実だと思います。
親や友人に当たってしまったり、少しのことでイライラしたりというのは、この頃多かったと思います。
やはり、お金にゆとりがあると精神的にも非常にゆとりが出ると思います。




【金欠当時の人間関係】
お金がないせいで、やはりゆとりがなく、イライラしてしまうことは多かったと思います。
また、アルバイトにたくさん入らないといけないので、当時の付き合ってた方には、寂しい思いをさせたと思います。
当然うまくいかず、別れてしまうことも多かったです。
お金がない、アルバイトにたくさん入る、人間関係がうまくいかないと負のループでした。




【金欠当時の仕事】
とにかく仕事をたくさんしようと頑張りました。
アルバイトもたくさん入り、そのあと、朝まで飲みに行くということを繰り返していました。
結果お金も貯まらず、学生の本業である、学業にかなり影響が出ました。
出席もままならず、単位をかなり落としました。
このままではいけないと、心を入れ替えなんとか四年で卒業しました。




【相談と助けてくれた人】
恥ずかしい話なので、誰にも相談できず、一人で悩んでました。
しかし、借金がどんどん膨れ上がるうちにこのままではいけないと思うようになりました。
最終的には、両親に相談しました。
母親が借金を肩代わりしてくれ、就職してから返すことを約束しました。
本当に当時の親の対応には、感謝してもしきれないぐらい、感謝しています。




【現状】
今はなんとか金欠を脱して、生活に困るほどではない

【転機ときっかけ】
やはり、両親に相談したということで、肩代わりしてくれたことにつきます。
また、もう二度とこんな事をしてはいけないと心に誓いました。
また、その時に付き合っていた彼女、現在の妻ですが、お金の管理に厳しく、私のお金を管理してくれました。
そのことで、みるみるうちに、親への借金も返し、貯金も出来るようになりました。
気持ちの変化と周りの環境が非常の大きいです。




【現在の状況と心境】
もう借りたお金を返せそうにないときは、どん底でした。
とんでもない事をしてしまった罪悪感と、何で気づかなかったんだろうと、焦燥感にかられました。
途方にくれてても仕方ないので、そこで両親に相談しました。
あのときの両親の対応には、本当に感謝しています。
今は結婚もして、幸せなので、子供にはそういう経験をしないように教えていくつもりです。




【学んだこと】
自分が返せる金額でお金を借りるといくことの大事さ。
また、カードローンの恐ろしさ。
特にカードローンは、機械に金額を入れると、自分のお金かのように、すぐに出てきます。
銀行のATMで口座から下ろすように出てくるので、勘違いしないようにする。



【当時の自分へのアドバイス】
飲み会を全部参加するという義務のようなものに捕らわれず、取捨選択する勇気を持とう。
そして、両親に頼りたくなかったら、自分で何とか出来るお金を借りよう。
たち行かなくなったら、とんでもない金額になるまえに、両親に相談しよう。
きっと親身になってくれるはず。
その後は同じことを繰り返しては絶対にダメですよ。
全うな生活を送ろう。