方言が可愛すぎる風俗嬢

無駄な努力をする必要はないと思うんです

無駄な努力をするくらいであれば風俗で遊んだ方が良いんじゃないのかなと思うんです。というのも、女の子相手にあれこれアプローチするのは面倒なのもありますけど、成功が保証されている訳じゃないんです。ともすれば時間とお金だけを無駄に消費して、良いように扱われて終わるケースだってあるんです。結局は自分次第ではあるんですけど、自分のステータス次第では文字通り無駄な時間となって終わってしまう可能性もあるんです。それなら絶対に自分の希望が無駄にならない風俗で遊んだ方が男としては正解なんじゃないですかね(笑)女の子から妙な要求をされることもなければ、自分の理想の時間を満喫出来るんです。しかも努力を求められることもありません。ホームページやあるいは店頭のパネルを見て良いなって思った女の子を指名出来るんです。選ぶのはこちらなんです。両者を比べたら、自分は風俗の方が良いなって気持ちになるので、女の子と遊ぶなら風俗でしょう。

未知の世界、ソープにチャレンジ。

これまで一度もソープで遊んだことはありませんでした。他の風俗で満足していたと言うのもあるんですけど、お気に入りの風俗嬢が卒業してしまったのもあって、新規で模索していたんです。そこでふと思ったんです。これまで一度も遊んだことが無いなら、良い機会だしソープで遊んでみようかなって。それでポータルサイトでソープのことを調べて、とあるソープ店まで行ってきたんです。待合室もいつもの風俗よりもとっても綺麗だったのを覚えています(笑)それだけでもさすがソープだなって思ったくらいですけど、さらにはソープ嬢ですね。美人とかスタイルが良いってことよりも、とっても礼儀正しかったのを今でも覚えているんです。あれだけ礼儀正しいとこっちもドキドキしますけど、慣れてくるとそれが心地よいし、終始こちらのためにという姿勢を崩さずに楽しませてくれました。思っていた以上にソープは精神的な部分まで満たされる風俗なんだって思いましたね。